MENU

日本でキャッシングを利用している方は、1,300万人以上といわれています。
国民の10人に1人以上の方が利用していることになり、日本は「キャッシング大国」といわれる所以です。

 

みなさんはキャッシングについて、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

 

「高い金利」
「怖い取り立て」
「借金地獄」

 

 

キャッシングと聞くと、このようなマイナスのイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。しかし、現実としてキャッシングを利用している方はたくさんおられます。

 

上手にキャッシングを利用することで、日常のお金が不足するピンチを乗り越ることができることは間違いないでしょう。

 

とくに最近のキャッシングは「即日融資」に対応しています。
文字通り、申込を行ったその日に融資を受けることができますので、日常生活での急な出費などにも十分対応することが可能になっています。

 

キャッシングとは

キャッシングとは、小口の個人融資(ローン)のことを指します。

 

小口とはいっても、借りることのできる金額は数十万円単位から、大きい先で1,000円単位の融資も可能です。

 

 

個人融資ですので、法人の事業資金や個人事業主の営業資金には基本的に利用できません。
また競馬やパチンコなどのギャンブルや、株式投資などの投機性資金としての利用も禁止されています。

 

禁止されている事項以外であれば、キャッシングで借りたお金は自由に使用することができます。生活費の足しに、友人との飲み会代に、家族との旅行代に、自分の趣味のために、といった様々な用途に使用できます。お金の使い道(資金使途)が自由で、使用の都度キャッシング会社に申告する必要もありません。

 

キャッシングには借入可能な「借入限度額」が設定されています。
「借入限度額」の範囲内であれば、基本的に何度でもお金を借りることができます。

 

一度借入限度額いっぱいまでお金を借りた場合でも、毎月の返済により借入限度額に空き枠が生じれば、その空き枠を利用して、何度でも追加融資を受けることができます。このような借入契約を「当座貸越契約」といいます。

 

キャッシングでお金を借りる場合には、借入専用カードを使用します。

 

審査に合格できれば、借入専用カードが発行されますので、そのカードをATMやCDに投入して現金を引き出すことで借入が成立します。

 

ちょうど銀行のキャッシュカードを使用して現金を引き出す要領ですが、あくまで借金であり自分の預金を引き出すわけではないことに注意しましょう。

 

最近では振込サービスが付加したキャッシングも増えてきています。
融資金の受け取りを指定した銀行などの金融機関口座を通じて行うサービスです。

 

電話やインターネットから利用を申込むと、早ければ瞬時に融資金が振込されます。
通常は振込手数料は発生しませんので、費用負担を気にする必要もありません。

 

キャッシングで即日融資

 

キャッシングの大きなメリットのひとつが「素早い借入が可能」という点を挙げることができます。最近のキャッシングは、多くが「即日融資」に対応してしますので、申込を行ったその日にまとまったお金を借りることも可能です。

 

  • 「明日は彼女とのデートの約束だけど、財布の中が心もとない、彼女にかっこ悪い姿は見せれない!!」
  • 「急な冠婚葬祭の予定がはいったげど、お金が足りない!!」
  • 「どうしてもオークションで落札したい商品があるが、入札資金が不足する!!」

 

このような日常生活の急なお金の不足には、キャッシングの即日融資が大きな助けとなるでしょう。審査にさえ合格すれば、借りたお金を自由に使うことができますので、一番自由度の高い借入方法といえるかもしれません。

 

 

キャッシングが即日融資に対応できる理由には、主に次のような点を挙げることができます。

 

必要書類が少ない

キャッシングで借入する際の必要書類は、基本的に「本人確認書類」「収入証明書類」の2点です。あらかじめ準備する必要書類が少ない分、申込手続きも複雑なものではありません。

 

審査する側でも、複雑な書類を分析する必要がなく、その分審査完了時間も短く抑えることができます。

 

資金使途が自由

キャッシングで借りたお金の使い道(資金使途)は自由です。
借入側では、資金使途に関する書類を準備する必要がありません。

 

審査する側でも、資金使途の妥当性を判断する必要がありません。
もちろん禁止事項に該当しないことが大前提ですが、申込の段階で資金使途を確認することはあまりありません。

 

無担保・無保証

キャッシングは基本的に「無担保・無保証」です。
借入に際し、担保を準備したり、保証人を立てる必要はありません。
審査する側でも、担保や保証人の調査を行う必要もありません。

 

 

これらの特徴から審査時間を短縮できることが、キャッシングで即日融資が可能な大きな理由です。だからといって、キャッシングの審査が適当に行われるというわけではありません。申込者の収入面や過去の借入実績などを基に、各社独自の審査基準を設けて審査を行っています。

 

とくに最近の審査では「スコアリング」が導入されています。
申込者の属性などを点数化し、コンピューターで審査の可否を判断します。
その分素早い回答が可能ですが、シビアな結果となることも十分考えることができます。

 

キャッシング即日融資の注意点

最近のキャッシングは、多くが即日融資に対応しています。
だからといって、利用前には注意しなければいけない点も多くあります。

 

「ここの会社は即日可能と宣伝しているから、ここに申し込もう」
よくわからずに適当に利用をしていたのでは、思いもかけない危険や失敗を招くこともあります。キャッシングの即日融資について勘違いしやすい点について考えてみましょう。

 

即日融資と即日審査の違い

インターネット広告や雑誌の広告などには、次のような言葉をよく見かけます。

 

即日融資可能!!
即日審査可能!!

 

この2つの違いにお気づきでしょうか?

 

同じような言葉遣いですが、実際には全く違うことに注意しましょう。

 

「即日融資」とは、申込当日に借入することができるということです。
これに対して「即日審査」とは、申込当日に「審査を行う」ということです。

 

 

つまり後者の場合は、あくまで審査を行うだけで、仮に審査に合格できても、当日中に借入できるとは限りません。当日に審査を行っても、その日に結果がでるとは限りません。また当日に審査に合格できても、窓口の営業時間外ということで借入できないこともあるかもしれません。

 

同じような意味で「24時間申込受付可能」という宣伝文句にも注意しなければいけません。
文字通り「24時間受付」は行いますが、24時間審査を開始するとは限りません。

 

なんとなく「24時間申込を受付しているので、すぐに審査を行って、すぐに貸してもらえるだろう」と勘違いするかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

 

キャッシングの条件は各社異なる

当然のことながら、キャッシングの借入条件などは各社異なります
借入限度額・金利・返済方法・返済方式など各社によりかなりの差があります。
あらかじめこれらの借入条件を確認したうえで、申込先を探し出す必要があります。

 

とくに借入時に気になるのが「金利」です。
できるだけ低金利で借りたいと誰もが思うものでしょう。

 

全体的にみると「銀行系キャッシングが低金利」「消費者金融系が高金利」の傾向があります。しかし「銀行系キャッシング」はやや審査時間を必要とする先も多くなっています。「即日融資可能」と宣伝している銀行でも、口コミ情報などによるとやや時間が必要なケースも多くなっていますので注意しましょう。

 

また銀行系キャッシングは、審査基準が厳しい傾向にあります。
いくら即日融資可能であっても、審査に合格しなければ借入することはできません。

 

審査基準はあらかじめ公表されるものではありませんので、審査結果は一度審査を受けてみなければわかりません。しかし収入状況などが厳しい状況で、審査基準が厳しいとされている銀行系キャッシングに申込んでも。まず審査に合格することはできないでしょう。

 

自分の状況をよく把握したうえで、無理のない申込を心がけることも大切です。