MENU

キャッシング会社の違いを考えてみよう

キャッシングを取り扱う金融機関には、様々な先があります。
それほど星の数ほど存在していますので、どこで申し込めばいいのか悩まれる方も多いのではないでしょうか。

 

金利、借入限度額、審査基準など各社で異なった特徴を持っていますので、まずは多くの情報を入手して、比較・検討するようにしましょう。自分にあった先を見つめるためにも、多くの情報を入手することは大切です。

 

キャッシング会社は、主に次の3つの種類に分けることができます。

 

銀行系キャッシング

普段から利用する機会の多い銀行が取り扱うキャッシングです。
商品名としては「キャッシング」ではなく「カードローン」として売り出しています
そもそも「キャッシング」と「カードローン」は異なる性質を持つ個人ローンです。

 

「キャッシング」は返済方法が「一括返済」であるのに対して、「カードローン」は「分割返済」を行います。しかし最近の金融市場ではこの違いがあいまいになっていますので、名称の違いをそれほど気にする必要はないでしょう。

 

銀行系キャッシング(カードローン)の最大の魅力が、金利の低さにあります。
最上限金利、最下限金利ともに、他の民間金融機関に比較して数%低くなっています。
借入限度額も全体的に高くなっており、低金利で高額融資も可能な点が大きな魅力といえるでしょう。

 

ただしその分審査基準が厳しくなっています。
銀行系キャッシングは「総量規制」の対象外であり、借入金額が「年収の3分の1」という法律上の制限を受けません。

 

しかし審査基準が厳しい点を考えると、やはり借入ボーダーラインは「年収の3分の1」程度で判断されるといえるのではないでしょうか。さらに他社借入状況なども、各行厳しい基準で判断される傾向にあります。

 

消費者金融系キャッシング

街中でよく見かける消費者金融会社が取り扱うキャッシングです。
最近ではゴールデンタイムにも、大手消費者金融のCMが放映されるようになり、すっかり身近な存在となっています。

 

消費者金融系キャッシングの最大の魅力は、手軽さといえるでしょう。
ほとんどの先で「即日融資」に対応していますので、非常に手軽で素早い借入が可能になっています。

 

審査基準も銀行系キャッシングに比較して緩やかになっており、パートやアルバイトの方でもある程度の借入が可能となっている先も多くあります。ただし消費者金融系キャッシングは「総量規制」の対象ですので、年収の3分の1以上の借入は法律で制限されています。

 

また銀行系キャッシングに比較して、金利がやや高い傾向にあります。
数%の違いでも、長期の返済により多額の負担となることもありますので注意しましょう。

 

一方消費者金融系の中には「無利息サービス」を展開している先もあります。
一定期間の利用であれば無利息で借入することができるという、ありがたいサービスです。
短期間で返済できる見通しがある場合には、利用を検討する価値があるといえるでしょう。

 

信販系キャッシング

ショッピングや公共料金の引き落としなどに利用する「クレジットカード」を取り扱う信販会社のキャッシングです。クレジットカードの「ショッピング枠」とは別枠で「キャッシング枠」を設けることにより現金の借入を可能にしています。またキャッシング単独の商品を展開している信販会社もあります。

 

申込を希望すると、審査がクレジットカードと同時に行われ、意外と簡単に審査結果を受けることができます。

 

ポイントサービスなどのサービス面が充実している他、提携先が多いので利便性が高い性質を備えているといえるでしょう。ただし消費者金融系と同様、銀行系キャッシングに比較して金利がやや高い傾向にあります。