MENU

キャッシングの金利について考えてみよう

キャッシングでお金を借りる場合、一番気になるのが「金利」の問題でしょう。
「できるだけ低金利で借りたい」っと誰もが考えるのではないでしょうか。

 

それにはまず金利の仕組みを理解しておくもとが必要です。
金利と利息の仕組みをよく把握しないでキャッシングを利用すると、思いもかけない失敗を起こすこともありますので注意しましょう。

 

キャッシングの金利とは?

金融機関でお金を借りる際には、借りたお金に対して「利息」を支払う必要があります。
「利息」とはお金を借りる場合の「手数料」のようなもので、借りたお金に対してどれだけの「手数料」が発生するのかを示すのが「金利」です。

 

金利は一般的に「%」で示され、通常のキャッシングでは「年利」が用いられています。
つまり1年間借りたときの利息を借入元金に対する割合(%)で示されることになります。

 

また通常のキャッシングでは「実質年利」を使用することが一般的です。
「実質年利」とは、借入に際しての様々な費用面をすべて含んだ計算を行うという意味です。
ローンの契約時には「ローン手数料」「事務手数料」「保証料」などが費用負担として求められることがあります。

 

「実質年利」で表示されるキャッシングでは、これらの費用負担があらかじめ含まれて計算されています。そのため利用する側としては、費用負担がとてもわかりやすいものになっています。

 

ただし提携先ATMの利用手数料などは別途負担する必要がありますので注意しましょう。
また「実質年利」ではなく単に「年利」とだけ表示されている金融業者にも注意しなければいけません。

 

一見低金利に思えますが、契約時になってなんらかの費用負担を要求してくる危険があります。このような金融業者はいわゆる「闇金」である可能性が高いので、決して関係を持たないようにしましょう。

 

金利と利息の計算方法

「実質年利」を用いた利息は、次の計算式で計算されます。

・利息=借入元金×金利(実質年利)÷365日×借入日数

 

 

例えば20万円を実質年利18.0%で1ヶ月(30日)借りた場合の利息は、次のように計算されます。

・20万円×18.0%÷365日×30日=2,958円

 

20万円を実質年利18.0%で1ヶ月借りた場合には、借入元金20万円に合わせて利息2,958円を支払う必要があるということになります。

 

 

この20万円を毎月15,000円の「元利均等返済」で返済していく例を考えてみましょう。

 

「元利均等返済」とは毎月の返済額(この場合は15,000円)が一定の返済方式で、「15,000円=返済元金+利息」という返済方式のことです。

 

1ヶ月後

借入残高は20万円なので利息は、20万円×18.0%÷365日×30日=2,958円。
返済元金は15,000円ー2,958円=12,042円、借入残高は20万円ー12,042円=187,958円。

 

2ヶ月後

借入残高は187,958円なので利息は、187,958円×18.0%÷365日×30日=2,780円。
返済元金は15,000円ー2,780円=12,220円、借入残高は175,738円。

 

3ヶ月後

借入残高は175,738円なので利息は、175,738円×18.0%÷365日×30日=2,599円。
返済元金は15,000円ー2,599円=12,401円、借入残高は163,337円。

 

これを借入残高が0になるまで続けることになります。

 

ちなみにこの例では返済回数15回、利息総額は24,415円となります。
借りたお金の1割以上の利息を支払う必要があるということになります。

 

 

ここでは「元利均等返済」を例としましたが、キャッシングの返済方式には様々な方式があります。返済方式の違いで、同じ金額を同じ金利で借りたとしても毎月の返済金額が異なってきますので注意しましょう。

 

各社のホームページでは、返済金額をシュミレーションできるツールが準備されています。
利用前に必ず確認し、念密な返済計画を立てるようにしましょう。