MENU

即日融資ならキャッシング!!

このような宣伝をインターネットなどでよく見かけることができます。
どうしてもまとまったお金を早急に借りなければいけない場面というものは、誰にでも起こりえます。そのような場面で、手軽にお金を借りる手段として重宝するのが「キャッシング」です。

 

「キャッシング」とは個人向けの小口融資のことを指します。
日本でキャッシングを利用している方は、1,300万人以上おられるといわれています。
しかしきちんとキャッシングのメリットとデメリットを理解している方は、どれほどおられるでしょうか。

 

現在キャッシングを利用されている方も、これからキャッシングを利用したいと考えている方も、まずはメリットとデメリットをよく理解するようにしましょう。

 

キャッシングのメリットとは?

素早い借入が可能

キャッシングの最大のメリットは「素早い借入が可能」という点です。
消費者金融だけでなく、最近では銀行でも「即日融資」に対応した商品が登場しています。

 

文字通り申込を行ったその日に融資を受けることができますので、急な出費などにも十分対応することができるでしょう。

 

申込の際に準備しなけれえばいけない書類は、主に「本人確認書類」「収入証明書類」の2つです。それほど準備に手間取るものではなく、また最近では申込金額によっては「収入証明不要」としている金融機関も登場しています。

 

申込方法も様々な方法が準備されていますので、自分の都合や生活スタイルに応じて素早い手続が可能になっています。

 

資金使途が自由

キャッシングで借りたお金の使い道(資金使途)は基本的に自由です。
生活費の足しに、友人との飲み会代に、冠婚葬祭費用に、家族との旅行代に、自分の趣味の費用など、様々な用途に利用することができます。利用の都度金融機関にその目的を申告する必要もありません。

 

ただしキャッシングは、基本的に個人ローンに分類されます。
そのため法人や個人事業主の事業資金としての利用はできません。
また競馬やパチンコなどのギャンブルや、株式投資などの投機性資金としての利用も禁止されています。

 

キャッシングのデメリットとは?

金利が高め

キャッシングは、基本的に無担保・無保証の個人ローンで、また資金使途が自由なローンです。その性質上、金利が高めに設定されています。

 

有担保・有保証・資金使途が決められているローンよりも、若干適用金利が高めとなります。
とくにあたかじめ「何に使うのか」が確定でき、その証明ができるのであれば、金融機関の「目的ローン」などが金利が低くなりますので、使い分けが重要となるでしょう。

 

借り過ぎてしまう

キャッシングには借入可能な「借入限度額」が設定されています。
「借入限度額」の範囲内であれば、何度でも借入を利用することができます。

 

一度借入限度額いっぱいまでお金を借りた場合でも、返済により借入限度額に空き枠が生じれば、その空き枠を何度でも利用することができます。ただし追加借入が可能といって、何度も借入を利用していたのでは、いつまでたっても完済できません。

 

最近のキャッシングの返済方式は「リボ払い」が主流となっています。
毎月の返済金額を最低限に抑えることが可能ですが、その分返済が長期化する危険性があります。

 

キャッシングを利用する場合には、必要最低限度の利用を心がけるようにしましょう。