お役立ち便利メモ

お役にたつ便利な豆知識メモです。

お歳暮を賢く選ぶために

喜ばれるお歳暮を考えてみる。

毎年11月下旬頃から、悩ましいことがあります。
お歳暮に何を送ったら喜ばれるのかしら?といろいろ考えちゃいます。

一年間の感謝の気持ちをこめて、普段、お世話になっている方々へ年末に贈り物をする慣わしがありますね。
それがお歳暮というもので、お仕事の関係でお歳暮を贈る人々はたくさんいらっしゃるでしょう。
特に会社勤めの人々は上司に贈ったりしますね。また自営業の人々は取引先に贈ります。

個人的に贈るケースは、仲人さん、ご親戚、配偶者さんのお世話になってる上司の方などが多いのではないでしょうか。
また、ご実家のご両親に贈る方も多いですね。

 

毎年、11月頃になりとお歳暮の人気ランキングを確認しつつ、何を贈ろうか考えている方もたくさんいらっしゃることでしょう。
贈る際に考えるのは、贈る相手様の好みですが、世間一般で人気の商品のランキングも参考になりますよね。

私の実家も毎年、親戚の方々から、お歳暮が届いてました。
私の実家は兄弟が多い家でしたので、ジュースやお菓子の詰め合わせセットとかが多く届きました。
子供だった私達が喜ぶような内容でしたので、毎年、お歳暮がすごく楽しみでした。
お歳暮ならではの高級なお菓子、クッキーなどの詰合せは、とてもテンションが上がったものでした。

お歳暮を贈る時期はいつ頃がいいの?

一般的にお歳暮を贈る時期は、やはり、12月ですね。
この頃では、歳の暮れに贈ればいいと考える方も多く、日にちなど、特に気にしていない方も多いです。
そうは申しましても、晦日、大晦日では遅すぎて、みな様も何かと慌しいことでしょう。
また、年末ぎりぎりとなると、実家に帰省したり、海外へ旅行に行ったり、お留守の方もいらっしゃることでしょう。
ですので、日にちは気にしないつもりでも、クリスマスくらいまでにはお歳暮を届けるように心がけたいですよね。

お歳暮を贈るタイミングとしては、あまり早すぎても何の贈り物かわからなくなりますので、時期的には、やはり12月中旬くらいがちょうどよいでしょう。

 

お歳暮に何を贈りますか?

ところで、皆さんはお歳暮にどのようなものをお贈りになってますか?
お歳暮でやはり人気なのは、ランキングによりますと、ビールやお菓子などが多いようです。
お歳暮の内容としてもかなり自由なものが多くなってきましたが、ちょっと前までは新年の準備のために使えるものが喜ばれていたようです。
ですので、お歳暮の定番としては、新巻鮭やハム、アルコール、数の子などのお正月のおもてなし料理に活用できるようなものに人気が集まっていたのですね。
これらの商品は人気ランキングでも上位に入っていますよね。
それから、長く保存がきく食品やお菓子も好まれており人気ランキング上位です。
しかし、近年では、賞味期限の短い生鮮食品などのグルメも充実し多くなってきました。
ネットショップなどが普及し選ぶ商品の種類もどんどん増えてきて、かなり便利になった一方、どのようなものを贈ったらよいのか迷ってしまうほどです。近年のお歳暮は、バラエティに富んでます。
また、お歳暮人気ランキングには、生活必需品もランクインしているようです。
生活するうえで必ず買わなければならない消耗品は、お歳暮でいただくとすごくありがたいですよね。
例として、食用油の詰め合わせセット洗剤のギフトセット調味料の詰め合わせセットなどは、いくらあっても助かりますので、主婦の方には喜んでいただけるギフトですね。

f:id:Sunflower_p:20191218000738j:plain

お相手の方が喜びそうなものを贈りましょう。


こういった風に普段使いのものを贈ることにするのか、または、ちょっと珍しいものを贈ることにするのか、自分では買わないような高級なものを贈ることにするのか、については贈り手の好みによって様々なようです。

心がけたいこととしましては、お相手の方が喜びそうなものを贈るとよいでしょう。

かりにお歳暮ランキングで人気商品だからといって、アルコールが苦手な人にビールを贈ったり、甘いものが苦手な方にお菓子の詰合わせギフトなどをおくったりということは避けましょう。
お歳暮を贈る際には第一に先方様の好みを考えることがやはり大切です。
先方様のお好みを考慮しない贈り物はかえってご迷惑になってしまうこともありますので気をつけましょう。

いくらお歳暮ランキングに入っている人気商品だとしても、お酒を飲まない相手にビールを贈ることや、甘いものが苦手な方にお菓子の詰め合わせなど、先方のことを考えない贈り物はしないように注意しましょう。

 


何件か送り先があると、ついついまとめて楽にすませようと「全部、同じ商品にしよう」と思うこともよくありますけども、一人ひとり、お相手の方のお顔を思い浮かべながらお好みを考えお歳暮を選びたいものですね。
お子さんがいらっしゃるお宅はカルピスギフトや、有名な老舗のお菓子詰め合わせギフトなども喜んでいただけます。
また、お子さんが多いご家庭は、お洗濯が大変と思われますので洗剤セットは重宝されることでしょう。
高齢者のみのご夫婦ならば、かつおぶしや、そうめんや、和菓子などの食べ物も良いでしょう。
このような感じでお歳暮選びはお相手の家族構成なども考えたうえで喜んでいただけそうなものを贈りたいですよね。

お歳暮の語源

さてお歳暮の語源ですけども、みなさんはご存知でしょうか?
歳暮とは、”暮れ”を表す言葉とのことです。
”暮れ”の時期に贈るものですので、「お歳暮」や「歳暮」と呼ばれているそうですよ。
かなり古い時期から、日本の風習として暮れの時期にお世話になった方の御宅を一軒一軒、ご挨拶をして廻っていたそうです。
ご挨拶がてらに贈り物をすることが、お歳暮の始まりとなったそうです。
本来なら、昔のように一軒ずつ廻りご挨拶をするべきなのでしょうが、遠くに住んでいる方のお宅にはなかなか行けないこともありますね。
時代は変わり現代社会では宅配便などでお歳暮を贈ることが主流になってきました。しかし近い方でしたら、やはり顔を見せながらご挨拶し持参したいですね。